スポンサーリンク

pickup
呪術廻戦 禅院家とは?特殊な術式はあるが実は御三家の中で一番弱い

呪術廻戦の中に登場する御三家!!
その中の一つであるエリート呪術師集団といわれるのが禅院家。

禅院真希が最も注目されていますが真希は禅院家の中では落ちこぼれ。

ただ、呪術廻戦を読んでいくと禅院家の強さには疑問が残ります。
本当に実力者が揃っているのか疑問に思うほど。

呪術廻戦の登場する禅院家とはどんな家系なのか?
本当に実力者集団なのか。

禅院家の謎に迫っていきたいと思います。



呪術廻戦 禅院家とは?

呪術廻戦 禪院家と伏黒の関係は?禪院真希と真衣は今後どうなるのか

呪術廻戦キャラ女子で一番強いのは?一番人気が高いのはあの女性!

本誌に登場する直哉が死亡確定でトレンド入りしている呪術廻戦。

禅院家をぶっ潰すがとうとう成し遂げられそうとしています。
呪術廻戦に登場する呪術界の御三家。

呪術界における御三家とは「禪院家・五条家・加茂家」の三つの家系。

特に呪術廻戦の本誌でも名前が多くでてくるのが禅院家!
「禪院家に非ずんば呪術師に非ず、呪術師に非ずんば人に非ず」
といわれるほどのエリート集団といわれ、当主を含めてほとんどが特別1級呪術師の禅院家。

禪院家の26代目当主は禪院直毘人(ぜんいんなおびと)
26代も続いている名家であることは間違いなく呪術界にも多大な影響をもたらす家系。

後継者の条件には「男性であること」「一族にのみ伝わる相伝の術式を使えること」や「宗家の人間であること」など様々な条件があり、これによって真希と真衣は女性であることから落ちこぼれ扱い。

特に真希は禪院家でありながら呪霊が全くみえないということもあり、小さい頃から排斥されてきた過去がある。
非常に古くからの規律を重要視していて、保守的で厳しい家系なのが禪院家なのです。

呪術懐戦 禪院家には誰がいる?

呪術廻戦 禪院家と伏黒の関係は?禪院真希と真衣は今後どうなるのか

呪術廻戦 五条悟が死んだ?封印されてるけど今後死ぬ可能性がある

呪術界のエリート一家の禪院家。
宗家と分家に別れており、真希や真衣は宗家、伏黒は分家の人間。

禪院家の関係者は誰がいるのかを見ていきましょう。

禪院直毘人・・・特別一級呪術師。26代目当主。
禪院直哉・・・特別一級呪術師。直毘人の息子。

当主の直毘人には兄弟がおりその兄弟の娘が真希と真衣となります。
当初、真希と真衣は当主の娘だと思われていましたが、実は違う事が判明。
真衣と真希の父親は扇となるのです。

禪院扇・・・特別一級呪術師。真希・真依の父。
禪院真希・・・四級呪術師。
禪院真依・・・三級呪術師。

こんな感じですね。
そして禪院直毘人の兄の子であるのが禪院甚壱。

ちょっと複雑ですね。

家系図で表すとこんな感じでしょうか。

ちなみに、伏黒は宗家ではなく分家の人間。
禪院直毘人の兄の息子であるのが伏黒の父親である甚爾。
その娘と息子が津美紀と恵だが血のつながりはない。

非常にややこしんですよね~家系図がこの家庭は。
ただ本誌では、真希が禪院家をぶっ壊し中なのでそのうちわかりやすくなるでしょう。



呪術廻戦 御三家の関係性は?

呪術廻戦 禪院家と伏黒の関係は?禪院真希と真衣は今後どうなるのか

呪術廻戦 五条悟は漫画とアニメでは違う?かっこよく描かれてるのは

呪術廻戦の御三家の中でエリートといわれるのが禪院家。

呪術廻戦のアニメでは、禪院真希や真衣が活躍しましたね。
美人姉妹ということで話題にもなりました。

呪術廻戦の御三家は禪院家と五条家、加茂家が存在します。
この御三家の関係性はどうなっているのでしょう?

基本的に呪術界の御三家はライバル意識がかなり強い!!
そのため、必要異常な交流はせずに当然のことながら御三家同士の結婚とかはありえない。

御三家にはそれぞれ、一族に伝わる門外不出の術式があるためこれを外に漏らすことは許されない。
これがあるから御三家同士はライバル関係にあるといってもいいでしょう。

ただし、生まれた子供が必ず術式を継承してるわけでもない。
実際に禪院家も加茂家も術式を継承したのは宗家ではなく分家の人間でした。
伏黒恵みと京都校の3年生の加茂さんがまさにこの例。

どの御三家も一番に悩ませるのが後継者問題!!
禪院家と加茂家は次期当主が宗家の人間ではなく、五条家は五条悟のワンマンチーム!!

というか、五条家は五条悟以外の情報がほとんどないんですよね。
それくらい秘密が多いというか、謎につつまれている。
唯一わかっているのが菅原道真を祖先としており、乙骨憂太も遠い親戚。

恐らく考察の範囲ですが、現在の御三家の中で一番強いのが五条家。
これがしばらくは続くでしょうが、御三家のライバル関係というのは一生続くものでしょう。



呪術廻戦 禪院家は実は弱い!!

呪術廻戦キャラ女子で一番強いのは?一番人気が高いのはあの女性!

呪術廻戦 禪院家と伏黒の関係は?禪院真希と真衣は今後どうなるのか

本誌ではお家問題に焦点があたっている呪術廻戦の禪院家。

禪院真希が覚醒し、禪院家の全てをぶっ壊す為に現在躍動しています。
今後の展開が非常に楽しみなんですよね。

気になるのが、禪院家の実力。
エリート集団といわれ禪院家にあらずは呪術師にあらずなんて言葉もありますが、実は目立った活躍はしていない。
伏黒恵も禪院家の人間ですが、優秀なのは伏黒くらいなんですよね。

禪院家の26代目当主であった禪院直毘人は渋谷事変で死亡!!
26代目当主であり特別1級呪術師でありながら、特級呪霊である陀艮すら倒せなかった。
しかも、真希と七海という1級呪術師がいながらも特級呪霊相手では歯がたたず。

その後、現れた漏瑚の1撃をあびて最終的には死亡。
真希はフィジカルギフテッドの持ち主なので生き残るも当主はたいした活躍もせずに死亡。
これで当主だとエリート軍団の実力が知れていますね。

実際に、次期当主の候補だった息子の禪院直哉も口だけで実力は2級呪術師レベル。
脹相とのバトルで速さで追い詰めるも、最終的には脹相にやられて乙骨に救われるレベル。
使える術式も当主と同じ投射呪法のみ。

大々的に登場して、期待はずれもいいところでファンからはすでにネタ扱いされてる禪院直哉。

実はこうやってみると、噂だけであり禪院家の実力がたいしたことがないことがわかります。
禪院家という看板だけですね効力があるのは。

実際に御三家の中では現在一番弱いと思われるのが禪院家。
伏黒恵が当主になったことで今後変わっていく可能性もあるのでそこに期待ですね。




まとめ

ジャンプの連載が更新されるたびに話題となる呪術廻戦。
トレンド入りすることが多く常に注目を浴びています。

今もっともあつい漫画ですからね呪術懐戦は。

今後どんな展開になっていくのか非常に楽しみ。
真希と直哉の戦いも楽しみですね。

関連
おすすめの記事