pickup
呪術廻戦 禪院家と伏黒の関係は?当主だけが相伝術式を使えるからか

呪術廻戦最新話が早速トレンド入りしています。
禪院家の醜態がさられており、最新話を読み終えてむかつく人が多い。

禪院直哉だけでなく登場人物全員がクズの禪院家。
今まであまり明かされなかった禪院家の面々。

なぜ伏黒が当主になれたのか。
禪院家と伏黒の関係はどうなっているのか?




呪術廻戦 禪院家とは

呪術廻戦五条悟の過去編がおもしろい!いかにして最強になったのか!

伏黒恵(呪術廻戦)がヒロインと言われるのはなぜ?男性なのに姫扱い

呪術廻戦の最新話は御三家の一つ禪院家が再び登場。
禪院甚壱と甚爾、そして腸相にやられ乙骨に治療してもらって復活した禪院直哉が再登場。

https://twitter.com/qLCRbR3NFdidVOO/status/1394219252924653572

禪院直哉だけでなく最新話を読んだ読者は禪院家がいかにクズか理解できましたね。
そりゃ、禪院真希も家をでたくなりますね。

初登場からクズキャラ認定され一時ツイッターでトレンド入りした禪院直哉も再登場。
弱いくせにあいかわらずのクズっぷりがみえました。

 

ここで禪院家についておさらいしておきましょう。

禪院家は呪術界御三家であり、呪術界に多大な影響力をもっている家系。
渋谷事変で登場した禪院家の26代目当主にして特別一級術師で最速の術師といわれる禪院直毘人。

呪術廻戦第138話の最新話で亡くなりましたが、禪院家はエリート一家。
現在の当主は伏黒恵ですが、ここは後ほど解説します。

以前は禪院直毘人が真希や真衣の父親と思われていましたが、最新話で違う事が判明。
直毘人の子供は直也であり、真希と真衣の父親は扇であることが判明。

当主であった禪院直毘人の弟が禪院扇であり、真希と真衣の父親。
禪院直毘人は真希と真衣にとっては伯父に当たる存在。
禪院直哉はいとこということが判明しました。

簡単な家系図はこんなかんじでしょうか。

まだ登場していない禪院家のメンバーもいそうですが、とりあえず主要は真希と真衣と父親の扇とクズ認定されている直哉というところでしょう。
ファンブックでは禪院直毘人が父親だったと思うんだが・・・

まだまだ謎が多いた禪院家ですが、とりあえずの登場人物は全員がクズ。
これからどうなっていくのか、どういう存在になっていくのか。

ここが楽しみですね。

呪術廻戦 禪院直哉や扇の実力は?

呪術廻戦内通者は家入硝子で確定?根拠は怪しいシーンがいくつかある

呪術廻戦 五条悟が目を隠す理由は?目隠しすることで制限をかけてる

見た目はイケメン!
恐らく20代で五条悟や夏油傑と同級生に近い禪院直哉。

五条悟のことを悟君と言っていたので、歳も近いし憧れもあるのでしょう。
父親である禪院直毘人と同じく特別1級呪術師。

男尊女卑を当然視して自分が27代当主になるのが当たり前と思っている自信家。
伏黒恵が当主になるというのを防ぐべき、虎杖を殺害にいくも腸相に返り討ちにされてしまう。

禪院直哉は特別1級呪術師なので、階級でいえば特級の下で1級より上なので東堂より上ということになりますが、正直実力はたいしたことはない。

父親である禪院直毘人と同じ「投射呪法」

ただ単に早いだけであり、特級呪霊クラスの腸相には勝てなかったレベル。
父親である禪院直毘人は特別1級呪術師でありながら、特級呪霊の陀艮戦で片腕を失い互角ともいえず、その後の特級呪霊の漏瑚には全く歯も立たず。

大して実力がないのが禪院家。
真希と真衣の父親である禪扇の実力も未知。

真希が切られて今週はおわりましたが、生死は明かされていない。
ただ、恐らく真希は死なないのと天与呪縛のフィジカルギフテッドが発動するはず。
父親である扇を倒せるのが真希でしょう。

禪院家は真希と真衣を除いて特別1級呪術師となっていますが恐らくこれは禪院家の威光。
実際1級レベルの実力もないのではないかと。

御三家の中でも実は一番実力が低いかもしれません。




伏黒恵が禪院家当主に選ばれた理由は?

呪術廻戦アニメ三期はいつから?映画化のあとに2期がスタートする!

呪術廻戦内通者は家入硝子で確定?根拠は怪しいシーンがいくつかある

禪院家の当主になった伏黒恵。

アニメ派の人はなぜ伏黒恵が禪院家の当主になったのか不思議ですよね。
禪院という苗字でもないのに。

 

なぜ、伏黒恵が禪院家の当主に選ばれたのか。

その理由は2つあります。

・息子である禪院直哉への不信感とほかの御三家へのポーズ
・禅院家の術式を継いでいるから

https://twitter.com/NetflixJP_Anime/status/1342666445818216449

元々、伏黒恵は小さいときに父親である甚爾に10億で禅院家に売られそうになった過去が。
それを五条悟によって阻止されたことで呪術高専東京校で呪術師として働いているのです。

恐らく、禅院家に売られていたら現時点で当主になっていたのは伏黒恵。
禪院家相伝の術式を受け継いでおり、唯一術式がつかえる存在。
禪院家では誰もこの術式はつかえず、使えるのは伏黒性の恵だけ。

五条がいなくなった今、本来甚爾に売られる予定だった伏黒恵を当主に向かえ入れたのは甚爾直哉を当主にするくらいなら、伏黒恵にしてしまったほうがいいというのうが甚爾家の本音。
また、他の御三家と仲がいい伏黒恵を当主にすることで協定を計りたい。

 

禪院家の権力の弱体化を防ぐのも一つの目的でしょうね。

ただ、絶対に作者の茶見先生はこの伏線を回収するはず。

そもそも、伏黒は禪院家の血をひいており父親である甚爾は元は禪院家の出身。
家をでたことで伏黒性になったが、完全に血は禪院家なので伏黒恵が当主に選ばれるのはおかしなことでもないんです。

これは原作を読んでないとわからないので、アニメからきた人は??になるのは当然のこと。

ただ、あくまでも一時的な感じがしますね禪院家の当主となる伏黒恵は。
最終的には俺は伏黒であって禪院家の人間ではないという名言がでそうな。

真希に禪院家の当主になってほしいわけですしね伏黒恵は。
真希が覚醒するかが鍵でしょうね今後の禪院家の当主になるには。




呪術廻戦 禪院家は今後どうなるのか?

呪術廻戦のキャラで身長が一番高いのは?五条悟よりも大きいキャラが

呪術廻戦 五条悟が死んだ?封印されてるけど今後死ぬ可能性がある

本誌で、実家である禪院家をぶっ壊した真希。

双子の妹である真衣は父親に殺されかけ、最終的に真希に命を託して絶命。
これで、禪院家の血筋を引いてるのが真希と伏黒恵のみに。
五条家と加茂家からは御三家除名を定義されており、滅亡も近い。

当主だけが生きてる状態ではありますが、今後どうなっていくのか。

今後考えられるパターンは2パターン。

禪院真希が新たな当主となって新しい禪院家をつくる
・禪院家を滅亡させる

禪院家は御三家の一つであり、呪術界に大きな影響をもたらしていたのは事実。
さすがに呪術界の上層部が除名を認めることはないでしょうが、なんせ人がいない。
当主の伏黒恵は真希に当主をやらせたいわけだし当主のままでいることはないでしょう。

自分は伏黒だといってますしね!!

なので、禪院真希が最終的には当主になると考察できます。
そんなハッピーエンドを茶見先生が書いてくれるわけはなかろうとは思いますが。

ただ、相伝の術式が使えるのが伏黒恵だけ。
伏黒恵が死んでしまうと、相伝の術式が使えるものがいなくなる。
これはこれで呪術界にとっては大きな問題となる。

そう考えると、伏黒と真希が結婚するというパターンも考えられくはないかも。
ただ、真希は乙骨に惚れてる可能性が高いのでちょっとこのパターンはないかも。




まとめ

だいぶ話がややこしくなってきた呪術廻戦。
色んな展開が読めるので、どのパターンでくるのかが非常に楽しみ。

気になるのが真希と真衣の安否ですね。
禪院真希が覚醒するのかしないのか。

禪院家をぶっ壊すが本当にできるのか。
今後の展開が楽しみでしかたありませんね。

ここでしか手に入らない!ハイクオリティフィギュア直販
おすすめの記事