pickup
呪術廻戦キャラで未だに生存しているのは?人気キャラが死にすぎる

芸能界にもブームが到来している呪術廻戦。

アニメをみて漫画を購入する人も多くアニメ放送後からコミックの売上げは10倍に。
AMAZONプライムでは現在アニメ全話が視聴可能。

原作の漫画ではかなり面白い展開になってきた呪術廻戦。
呪術廻戦はバトル系の漫画であるため、キャラクターの死亡率が高い。

呪術廻戦で生存してるキャラ、死んだキャラをまとめてみました。
呪術廻戦の原作の漫画は見ておらずアニメだけの人はネタバレになるのでご注意ください。

 

<アニメを無料で全話みるならU-NEXT!初回トライアル実施中>


呪術廻戦 キャラで未だに生存しているのは?

呪術廻戦内通者は家入硝子で確定?根拠は怪しいシーンがいくつかある

呪術廻戦0巻はいつ読むべきなのか?ベストなタイミングは懐玉編の後

呪術廻戦は呪いをテーマにしたダークファンタジー。
14巻が売り切れ続出など人気に火がついていますね。

呪術廻戦はバルト漫画ののため人気キャラでも容赦なく死んでしまう。
特に作者の茶見先生がバンバン殺していく。
それがたとえ人気投票の上位にいるキャラでもおかまいなし。

これが呪術廻戦の魅力でもあり恐ろしいところでもある。
呪術廻戦で現時点での生存しているキャラは誰なのでしょう。

学生部門はほとんどのキャラが生存!!

・主人公の虎杖
・主人公の同級生でヒロイン扱いの伏黒
・2年生で4人しかいない特級の1人である乙骨憂太
・2年生の真希、狗巻棘、パンダ
・3年生の秤金次
・冥冥
・京都校のメンバー

先生陣でいうと、生存しているキャラは6人

・五条悟(現在封印中)
・家入硝子
・庵歌姫
楽巌寺嘉伸(京都校の学長)
・補助監督の伊地知
・同じく補助監督の新田

これくらいでしょうか。
こうみるとかなり生存キャラが少なくなっていますね連載開始に比べると。

呪術廻戦のキャラの生存率は結構低い。
これからまだまだメインキャラでも死んでいくことが考察できる。

なるべくメインキャラには死んでほしくないですが、茶見先生はエヴァをやろうともしてる。
いったい今後どうなっていくのか非常に楽しみでもあり怖さもありますね。



呪術廻戦 キャラで死亡が確定しているのは?

呪術廻戦内通者は家入硝子で確定?根拠は怪しいシーンがいくつかある

呪術廻戦 五条悟が死んだ?封印されてるけど今後死ぬ可能性がある

15巻までコミックが発売されている呪術廻戦。

15巻発売の中で多くのキャラが死亡しています。

呪術廻戦で死んだキャラクターをまとめてみました。
アニメから見てる方には今回の内容が完全にネタバレにもなりますのでご注意ください。

【呪術廻戦 死亡確定キャラ一覧】

・夏油傑
・七海健人
・禅院直毘人
・夜蛾正道
・究極メカ丸
・重面春太
・灰原雄
・伏黒甚爾(伏黒父)

結構死亡キャラがいるし、1級呪術師でも命を落とすのが呪術師がいかに厳しいかを物語っていますね。
こうやってみると結構主要キャラが死亡している。

人気キャラでもあっけなく死亡させるところが作者の茶見先生の凄さでもある。
人気キャラである七海建人を殺したときはびっくりしましたが。

伏黒甚爾はストーリーの都合上仕方がないにしても、禅院家の当主でも死亡するし東京呪術高専の学長である夜蛾正道でも死亡させるところが茶見先生の容赦なさが現れている。

まだまだこれから死亡するキャラが増えるはず。
次に死亡するのは誰か予想があがりそうですね。



呪術廻戦 キャラで死亡している特級呪霊は?

呪術廻戦内通者は家入硝子で確定?根拠は怪しいシーンがいくつかある

呪術廻戦五条悟の過去編がおもしろい!いかにして最強になったのか!

呪術廻戦の魅力の一つに特級呪霊という存在があります。
それぞれ特級呪霊にも魅力があり、人気の理由の一つになっています。

その中で特に人気があるのがアニメでも登場している夏油傑。

五条悟の同級生であり、五条悟と共に最強といわれた呪術師であり日本に四人しか存在しない特級呪術師の一人。
五条悟にとっては今でも「唯一の親友」と言える相手であり、人気が高いキャラ。

 

ただ、現在アニメで登場している夏油傑は偽者!!
本物の夏油傑は百人を超える一般人を呪殺して呪術高専を追放された最悪の呪詛師であり、最後の最後に五条悟によって殺されているのです。

漫画やアニメにでてくる夏油傑は額に縫った後がありますがこれが偽者の証。
本来の夏油傑にはその傷はない。

なので、外見は夏油傑ですが中身は全くの別物。

ここからはネタバレを含みますが、夏油傑の正体は最悪の呪詛師である加茂憲倫説。
加茂憲倫は明治時代の術師であり、特級呪物『呪胎九相図』の作成者。
年齢にすれば軽く150歳を超えておりまた呪胎九相図以外にも多くの呪術文化財を作った人物。

ただ、史上最悪の術師であり御三家の汚点とも呼ばれた人物。
今後、この偽物の夏油傑がどうなっていくかが原作の漫画のキーポイント。
アニメで登場している夏油傑は偽者でありすでに死んだキャラであることが判明しましたね。

 

また、特級呪霊でも死亡したキャラがいます。
それが、アニメでも登場している漏瑚と花御と陀艮の3匹の特級呪霊。

漏瑚は両面宿儺に一撃でも攻撃を入れれば呪霊の下につくと言う提案に乗り、両面宿儺と1対1で戦闘するも激戦の末に宿儺に敗れ死んでしまいます。
花御は渋谷駅地下で行われた五条悟との戦いで、真っ先に五条の強力な攻撃を受け死亡。

 

陀艮も渋谷駅地下で七海建人・禪院真希・直毘人・伏黒と戦闘。
領域展開で自分の領土に取り込み圧倒するも、途中参戦した禪院甚爾に圧倒され頭を貫かれ死亡。

 

この3匹の特級呪霊はアニメでも仲良さげにしていたし夏油傑と一緒にいたのでまだまだ活躍するかと思いきや、死んでだキャラになってしまっています。
呪いですから仕方がないことですが、結構茶見先生はあっさりと主要人物を殺していきますね。

 

単に払われた呪霊ならともかく、結構物語に登場してきたキャラクターでもあっさり死亡するのが呪術廻戦の魅力の一つといってもいいのかもしれません。



呪術廻戦 キャラで現在生存不明なのは?

呪術廻戦 五条悟が死んだ?封印されてるけど今後死ぬ可能性がある

呪術廻戦内通者は家入硝子で確定?根拠は怪しいシーンがいくつかある

重要人物でもあっさりと死亡が確定になる呪術廻戦。

現在は第2章に突入し、五条悟の復活のために死滅遊戯編にはいってる呪術廻戦。
ただ、渋谷事変で大きなダメージをうけた呪術高専。

 

現在のところ、生死不明なキャラは1名のみ。
それが、虎杖と伏黒の同級生であり呪術廻戦のヒロインといえる釘崎野薔薇!!

https://twitter.com/Resatsuki0/status/1317152987807051776

呪術廻戦ではヒロイン扱いの大人気の釘崎野薔薇。
男勝りのキャラクターでありながら東京生活をそれなりに満喫している田舎出身の女性キャラ。

 

アニメではこのシーンは放送されませんが、原作の漫画の渋谷事変で真人とのバトルの最中に無為天変を喰らってしまい、左目が吹き飛び生死不明。

 

この時点では回想シーンもでてきて死亡が確定したかと思いきや、その後の展開で治療を一時的に受け死んでる可能性が高いけれども、もしかしたら生存する可能性もありという今後のストーリーに大きく関係してきそうな展開。

 

原作でも虎杖が伏黒に釘崎の状態を確認したときは、ダメだったという匂わせをしていますがまだ確定はしていないので生きてるともとれるし、死亡したともとれる。
死亡説や生存説がファンの間でも分かれていて人気キャラだけに生きている。

 

真相解明にはもう少し時間がかかりそう。
恐らく死亡している可能性が高い釘崎野薔薇。
死滅遊戯で釘崎の能力が使われたら死亡が確定でしょう。

呪術廻戦で生死不明になってるキャラは唯一の釘崎野薔薇のみ。
五条悟も生きてるかは不明ですが、五条悟を助けるために現在ストーリがー進んでいるので死んでいることはないでしょう。

気になる人は漫画をチェックしてみてください。




呪術廻戦 人気キャラでも死亡してしまう?

呪術廻戦内通者は家入硝子で確定?根拠は怪しいシーンがいくつかある

呪術廻戦 五条悟が死んだ?封印されてるけど今後死ぬ可能性がある

呪術廻戦の人気キャラといえば、五条悟!!
五条悟の人気が呪術廻戦の人気を押し上げたといっても過言ではない。

 

ただ、五条悟意外にも人気のキャラがいる。

それが五条悟の後輩であり、1級呪術師の七海健人。

https://twitter.com/JJpDzTEwko8vt5z/status/1346057865249734661

 

ナナミンの相性でファンからも親しまれており、人気投票でも上位にはいるキャラである七海建人。
アニメでは虎杖とともに真人を追い詰めるなど主要キャラであるナナミン。

そのナナミンこと七海建人は死亡が確定しています。

人気キャラクターであり、推しにするファンも多い七海建人。
七海建人の人気の理由はサラリーマンのようなスーツと独特な形の眼鏡、七三分け。

特に女性ファンが非常に多く、結婚したいキャラでNo1の七海健人。

 

まさかまさかの第120話で死んでしまうんです。
これには原作の漫画を読んでるファンもびっくり。

七海建人は1級呪術師であり決して弱いキャラではない。
虎杖の師匠的な存在でもあり、五条悟が信頼する後輩であり呪術高専東京校OB。
主人公の虎杖からもななみんと呼ばれるほど慕われていたのに。

 

まさか七海建人が死んでしまうキャラだなんて誰も想像していなかったでしょう。

 

人気キャラでいえばもう1人死んだキャラがいます。
それが、1年生コンビ伏黒めぐみの父親である禪院甚爾(伏黒甚爾)。

一言でいうとクズという言葉がぴったりくるほどのキャラ。
ただ最強であり、五条悟をあと一歩の所まで追い詰め覚醒させた人物。
恐らく登場キャラの中でもトップクラスの強さを誇る禅院甚爾。

 

なぜ、伏黒めくみの父なのに禪院甚爾かというと、元々は禪院家の人間だから。
術師殺し”の異名を持ち、暗殺等の荒事で報酬・賞金を得てそれを使って女性のところに転がりこむヒモ。
ただ、伏黒家に婿入りしたことで伏黒甚爾という何改名したのです。

甚爾がでてくるのは五条悟の過去編になるので原作の漫画のみでの登場。
アニメで出るとすれば第2期か映画で五条悟の過去編をやればというところでしょう。




まとめ

アニメが始まったばかりの呪術廻戦。
アニメだと主人公の虎杖が死亡してしまっていますが今後どうなるのか。

漫画もかなり展開が進んでいるのと死亡キャラクターが多すぎ。
生死不明のキャラもいるのでそこが今後どうなっていくか。

非常に楽しみですね呪術廻戦の続きが。

ここでしか手に入らない!ハイクオリティフィギュア直販
おすすめの記事