スポンサーリンク

GSOMIAを破棄したら韓国にメリットはあるの?日韓関係はさらに悪化?

日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた韓国政府!!

日本政府が韓国政府に抗議するなど話題になっています。

溝が深まる韓国と日本!!
韓国では日本製品の不買運動が続いており関係改善はほど遠い状況。
外務大臣同士の会見も不発に終わっています。

今回、韓国政府が軍事情報に関する包括保護協定(GSOMIA)を破棄。

GSOMIAとは聞きなれない言葉ですが、いったい何のことなのでしょう?
これを破棄すると韓国にとってどんなメリットがあるのか。

軍事情報に関する包括保護協定(GSOMIA)と日韓関係について
詳しく学んでみましょう。




軍事情報に関する包括保護協定(GSOMIA)ってなに??

ニュース速報にもなった、韓国政府が軍事情報に関する包括保護協定を破棄した件。

今回初めて耳にした人も多いと思われるGSOMIA!

いったい、何の略でどんな意味をもつのでしょう。

「GSOMIA」とは「General Security of Military Information Agreement」の頭文字を結んだもの。

日本語では、「軍事情報に関する包括保護協定」と表されています。

 

同盟など親しい関係にある2国あるいは複数国間で秘密軍事情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ協定のことなんです。
お互いに軍事上の秘密情報を共有するため、ルールももちろん厳しくなっています。

・許可なく第3国に教えないこと
・情報は厳重に保管
・情報にアクセスできる人の制限

いろんな分野において細かくルールとして定められています。
当たり前といえば当たり前ですよね軍事情報ですから。

軍事技術だけではなく戦術データ、暗号情報、高度のシステム統合技術など有事の際の共同作戦に必要な情報が大賞となるので、絶対に洩れてはいけない情報などもあります。

 

日本はこの情報を韓国と結んでいるので、北朝鮮のミサイルなどの情報も入手することができるのです。

日本は、韓国とだけではなく、同じような協定をアメリカやイギリス、フランス、そして、NATO(北大西洋条約機構)とも結んでいます。

 

初めてききましたね~このGSOMIAという言葉!!
非常に重要な協定であることがわかりましたね。




gsomiaを破棄したら韓国にメリットはあるの?

韓国政府が破棄をしたGSOMIA!

韓国と日本は2016年11月23日に軍事情報に関する包括保護協定(GSOMIA)を締結。
この協定は、有効期間が1年間。

 

基本は自動更新となりますが、契約を解除する場合は90日前までに言わなければなりません。
11月23日が締結日のため90日前だと、8月24日が通告の期限。

 

なんか、スマホの契約みたいですね~!

 

韓国側はGSOMIAを解消することを発表。

ツイッターでトレンド入りするほど話題になっているのです。

https://twitter.com/shirimarudashi7/status/1164511272315961344

どうやら日本が韓国をホワイト国から外したことに対する批判というか逆恨みのためみたいですが。。

 

このGSOMIAを破棄することによって韓国側は何かメリットをえるのでしょうか?

結論からいってしまうと、韓国側にメリットはありません!!

たとえば、北朝鮮のミサイル問題!!

GSOMIA協定のおかげで、韓国も日本も北朝鮮がミサイルを発射した際にお互いの情報を得る事ができました。
ただ、これがなくなると日本は韓国の情報を知る事ができなくなりますが、韓国も日本の情報がみれない。

実は、日本の自衛隊やミサイルの分析技術は超レベルが高いんです。
北朝鮮が発射するミサイルの着弾点や高度、飛行距離などを分析する技術は日本の方が圧倒的に韓国より上。

なので、日本としては韓国の情報はそこまで貴重ではない。
逆に韓国にとっては日本の情報って結構貴重なんですね。

それが今後情報が得れなくなるというのはメリットは全くなくデメリットしかない。
もちろん日本にとっても北朝鮮の情報が得れなくのる部分にはデメリットがありますが。

ただ、韓国政府がそれを選んだのだから仕方ないですよね。
日本政府は韓国政府に抗議をしたとの報道がありましたが、ひっくりかえることはないでしょう。

3年持っただけでもいいほうなのかもしれませんねこれ。




GSOMIA破棄で日韓関係がさらに悪化??

一向に改善の傾向が見られない日韓関係。

 

韓国では相変わらず日本製品の不買運動が続いておりこんな投稿もされていました。

こんなことで批判を浴びるほど関係が悪化している日韓関係。
韓国の大手航空会社やLCCでは、稼ぎ頭の日本路線が次々と運休。

 

日本製品の不買運動が活発化していますが、日本製品を売っている店も、日本食を出している店も経営者は韓国人であり、従業員も韓国人。
自分達で自分達の首を絞めてるだけなんですけどね。

 

今回のGSOMIA破棄によって更なる関係悪化はあるのでしょうか??

 

まず、考えられるのが日本が韓国への経済制裁を強めること!
ホワイト国排除から始まったといわれる今回のGSOMIA破棄。

更なる経済制裁が加わる可能性はありますね。
アメリカに配慮する必要がなくなったのでGSOMIA破棄によって。

 

ただ、日本側も全くノーダメージなわけではありません。
韓国からの訪日客が減っており、九州の観光産業にはダメージがでています。

地方自治体レベルでみると日本も日韓関係悪化の影響は少なからずうけてるんですよね。
観光で食べてる地方都市もあるのは事実ですし。

もちろん韓国も同様のことがいえるので、お互い観光産業はダメージがある。

ただ、韓国経済は現在かなり厳しい状態!
さらなる経済制裁でさらに厳しくなる可能性もあります。

東京オリンピックをボイコットか?という声もあがっています。
少なからず日本にも影響を及ぼしている日韓関係の悪化。

是非、友好ともいわずとも正常な状態に戻してほしいですね。




最後に

GSOMIA破棄によって話題になっている日韓関係!
まさか日本も韓国が破棄するとは思わなかったでしょうね~。

韓国側にとってはメリットないですからね破棄しても。
今後大丈夫なのでしょうか。

悪化の傾向をたどる日韓関係。
どこが終着点になるのかまだまだみえませんね。

観光産業にも影響がでている日韓関係の悪化。
せめて、正常に戻るよう外交手腕を見せて欲しいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。




関連
おすすめの記事