スポンサーリンク

宮崎文夫の同乗者のガセ情報が流れてる?インスタも荒らされてる?

茨城県の高速道路のあおり運転殴打事件!!

傷害の疑いで指名手配されていた宮崎文夫容疑者が逮捕されました。

結構逮捕まで時間がかかりましたね~。
大阪市内で宮崎文夫容疑者を発見し逮捕したとされています。

大坂に会社があるということだったので大坂市内に潜伏していたのでしょうかね。
とりあえず逮捕されて安心しましたね。

気になる同乗者も一緒に警察に事情を聞かれてるとのことですがこの同乗者についてはガセ情報が流れてます。
インスタもあらされてるみたいですね。。

同乗者のガセ情報とともに、今回の事件を詳しく調べてみました。




常磐道 あおり運転の事件とは?

茨城県守谷市の常磐自動車道で、男性があおり運転された上に暴行された事件。
指名手配されていた宮崎文夫容疑者が逮捕されました。

この事件の発生は、8月10日の午前6時ごろ。

守谷市の常磐道上り線で白の乗用車を運転し、茨城県阿見町の男性会社員が運転する車に後方から接近。
前方に回り込んで停車させた上、乗用車を降りて男性の車に迫り、男性を「殺すぞ」などと脅迫して顔を数発殴り、けがを負わせました。

ドライブレコーダにこの時の光景が収まっていて、全国ニュースにも発展。
宮崎文夫容疑者だけでなく同乗していた女性も一緒に降りてきて携帯電話で撮影する始末。

 

この事件が発覚してから、愛知県や静岡県でも同様の行為が繰り返されていたことが発覚。
しかもこの車が実は試乗車であることも発覚しました。

しかも宮崎文夫容疑者は大坂市内で会社経営をしているのに、試乗者を借りたのは横浜。
横浜市内のディーラーが修理の代車として7月21日に3日間の約束で貸していたもの。

試乗車なのに、なんと2000キロも走行しており3日間の約束が20日間の貸出。
また、ぶつけた後もあり完全に修理が必要な状態という状態で返却。

警察が全国指名手配していて、18日に宮崎文夫容疑者を大坂市内で逮捕しました。




宮崎文夫の同乗者のガセ情報が流れてる?

逮捕された常磐道あおり運転殴打事件の宮崎文夫容疑者。

注目されているのが、同乗者である女性ですね。

一緒に降りてきてガラゲーで撮影しているシーンがドラレコの映像で公開。
この映像が公開されてから、この女性に関する様々な憶測がとびかわっていました。

 

ツイッターやトレンドブログでは特定の人物の名前が拡散されているのです。
しかし、この拡散された女性は全く車に同乗していたという根拠も情報もないのにもかかわらず。

しかも厄介なのが、この情報を最初に拡散したユーザーはすでにアカウントを削除。
言いたいことだけいって逃げたパターンですね。

『Twitter』では「血染めの由乃 (@yuno_die)」や「烏 (@cornix96)」を名乗る人物が被害女性を同乗者だとした情報をまとめ、その投稿が多くのトレンドブログに掲載。

全く根拠がなく証拠もないのに、単なる思い込みだけで拡散はやってはいけないこと。
完全にアクセス稼ぎとしか思えませんね。

実際にツイッターでは現在もガセと思われる情報が拡散しています。

https://twitter.com/tr4uiiiDO5GH5cA/status/1162421717597208576

https://twitter.com/a_n_a_p_p_l_e/status/1162614923936952321

https://twitter.com/123hbd/status/1162511319959887872

実際に、「あおり運転殴打」事件の容疑者と同乗していた女性だとのデマを流された笹原えりなさん。
この笹原えりなさんは自身が営む会社のホームページで否定する声明を8月18日に発表。

弁護士さんの名前で発表していて、全くの事実無根であることを声明として発表しています。
この女性こそ被害者ですよね。
全く関係がなく覚えがないにもかかわらず勝手に犯人にされ、誹謗中傷を浴びてしまう。
しかも、インスタまであらされる始末。

SNSの怖さがでていますね本当に。
宮崎文夫容疑者の逮捕で同乗していた女性も一緒に警察に連れていかれたとニュースでは報じられています。

ネット上の不確定情報に惑わされると新たな被害者を生むことにもなります。
注意が必要ですね。




宮崎文夫 逮捕時に激しく抵抗?ガラゲー女もいた?

大坂市内で逮捕された常磐道あおり運転殴打事件の容疑者である宮崎文夫容疑者。
逮捕直後に、自分がした犯行を認めており茨城警察署に移送されています。

そんな宮崎文夫容疑者が逮捕時に激しく抵抗したことが話題に!
ガラゲー女も一緒にいたといわれています。

自分がしたことをふりかえればかなりみっともないですね。
自首すれば罪が軽くなると誰かに吹き込まれたのでしょうか。

職務質問からの逮捕ということで、職務質問した警察官はお手柄ですね。

宮崎文夫容疑者は茨城に移送中ですが、同乗者とみられるガラゲー女は大坂市内の警察で任意で事情聴衆をされているとのこと。

かなり危ない事件でしたし、一歩間違えれば大惨事になっていた事件。
高速のど真ん中で車を止めてるわけですからね

厳しい判決を期待したいですね!!!

 

追記~!!

宮崎文夫容疑者と一緒にいた女性も逮捕されました。

https://twitter.com/shironekororo/status/1163081131241037826

なんと年齢51歳というから驚き。
もっと若いかと思ってたら・・・

善本奈津子容疑者も逮捕されましたね。
一緒に降りてきてガラゲーで取ってたし当然ですね。

あの事件からず~と一緒にいたみたいですねこの2人。
逮捕されて安心したでしょうね被害者の方も。

常磐道 あおり運転殴打 宮崎容疑者の罪はどうなる??

傷害事件の容疑者として常磐道あおり運転殴打事件で全国指名手配され逮捕された宮崎文夫容疑者。

今回傷害事件での逮捕となりますが、罪はどうなるのでしょう??

まず、宮崎文夫容疑者は過去にも逮捕暦があると報道されています。

過去2回も逮捕暦があるとなると、初版ではないので実刑は間違いないでしょう。
しかも、今回はあおり運転での捜査も進められていました。

なので、傷害だけでなくあおり運転も刑に加算されることは間違いない。
あれだけ危険運転もしていたので、道交法の違反も追加されると見込まれます。

 

通常の傷害罪の場合の刑期は次のようになっています。

傷害罪を犯した者は、刑法で「15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する」と定められている。

通常は初犯であれば執行猶予がつくが、過去2回の逮捕暦が本当であれば初犯ではない。
しかも今回は悪質な事件であり、注目度も高いとなるとそれなりに刑がつくでしょう。

 

また、あおり運転も道交法か暴行罪が適用されます。

 

今回のケースの映像をみるかぎりは、相手の車にぶつからなくても車間距離の接近、幅寄せ、威嚇といった行為が、「有形力の行使」である暴行罪にあたると思われます。

通常のあおり運転の道交法違反だけだと実は刑がかなり軽い。
3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金というケースがほとんど。

ただ、暴行罪が適用された場合だと刑期が重くなります。
恐らく今回の事件は傷害罪+暴行罪+道交法違反という3つがセットになるかと。

長く3~5年くらいでしょうかね刑務所にはいるとしたら。
裁判の結果次第でかわるでしょうが、恐らく実刑は免れないでしょうね。




最後に

指名手配されとうとう逮捕された常磐道あおり運転殴打事件緒の容疑者である宮崎文夫。
不安におもっていた人も多いのでよかったですねほんと。

同乗者の女性も一緒だったということなのでなお安心ですね。
もちろんこの女性にも罪を与えてほしいですね。

ただ、SNSで誤情報を拡散するのはNGです。
訴えられる可能性もあるので注意してくださいね。

あおり運転の罪は個人的にはもっと重くして欲しいですね。
そうすれば少なからずあおり運転する人もへるでしょうし。

最後までお読み頂きありがとうございました。




関連
おすすめの記事