スポンサーリンク

高円寺阿波踊り 穴場スポットはどこ?2019年の運行スケジュールは?

毎年100万人近い人が訪れるといわれる高円寺の阿波踊り!

高円寺阿波踊りは、阿波踊りの本場である「徳島市阿波おどり」に次ぐ大会規模。
関東周辺では最大規模の阿波踊りで、約93万の人出・屋台は約30店舗あると言われてるんです。

今年のスケジュールはどうなっているのでしょう??

100万人近く集まるとなるとかなり観覧も大変そうですね。
穴場スポットはあるのでしょうか??

高円寺の阿波踊りについて調べてみました。




 

高円寺阿波踊りの詳細

名 称:「第63回東京高円寺阿波おどり」
会 期:2019年8月24日(土)・25日(日)※少雨決行
時 間:午後5時から午後8時
会 場:JR「高円寺」駅、東京メトロ丸ノ内線「新高円寺」駅周辺商店街及び高南通りの8演舞場
主 催:東京高円寺阿波おどり実行委員会・NPO法人東京高円寺阿波おどり振興協会
共 催:杉並区

1957年に第1回目が開催されてから50年以上の歴史をもつ高円寺の阿波踊り!
昭和32年(1957年)に、高円寺の街の賑わいを求めて一つの商店街で始まった高円寺阿波おどり。

 

現在では1万人が踊り100万の歓声が響く、東京の夏を代表する風物詩と言われるまでに成長。
2012年には東日本大震災の影響による節電のため、開催時刻が17:00から20:00に変更され、現在に。

2014年以降、初日のみ本場徳島の連(阿波踊りグループ)を1連招待するようになりました。

 

なんと今年参加する阿波踊りグループ(連)はのべ165連!!
そんなに多くの阿波踊りグループが参加するなんてびっくりですね~。

お祭りと同時に舞台での阿波踊りも開催されます。

舞台の場所はセシオン杉並ホール)と座・高円寺ホール1になります。

2日間で100万人近く集まり、数多くの屋台もでます。
非常に今から楽しみですね。




高円寺阿波踊り 穴場スポットはどこ?

今年も8月の23日・24日に開催される高円寺の阿波踊り!
穴場スポットはあるのでしょうか??

まず、観覧方法としては普通に路上でみるか特別観覧席でみるかどちらか。

 

特別観覧席というのは桟敷席ともいわれ、「東京高円寺阿波おどり」大会に資金面で支援した方がもらえる席です。

 

桟敷席を獲得するには15,000円/口の支援が必要。
この支援をすると、特別桟敷席の入場券がもらえるという仕組み。

 

また、特別観覧席も同じく支援した方にもらえる席!
これは金額によって少し内容がかわってきます。

協賛金額(1口あたり) ※お一人様につき最大5口まで。

① 8,000円 ② 7,000円 ③ 6,000円協賛へのお礼として、ご協賛金額の種別に応じて、各1口につき以下演舞場の特別桟敷の入場券を1枚進呈。

① 8,000円/口: 純情演舞場 特別桟敷入場券1枚
② 7,000円/口: 桃園演舞場 特別桟敷入場券1枚
③ 6,000円/口: みなみ演舞場 特別桟敷入場券1枚

結構なお値段しますね~!
ただ、この特別観覧席だと座ってゆっくりと阿波踊りをみることができます。

 

特別観覧席の支援はインターネットでも可能で、大会前日の23時59分まで申込み可能。
ゆっくりじっくり見たい人は、是非支援をしてみてください。

 

ちなみに穴場スポットですが、ルック第一演舞場がおすすめ!
なぜならここが阿波踊りのスタート位置だから!

毎年穴場といわれているのでそろそろ穴場じゃなくなる可能性も・・

ルック第二演舞場というのもあり、そこも穴場といわれています。

どうせみるならスタート位置から見るのがいいですよね。

穴場はルック第一演舞場がオススメです。
早めにいっていいポジションを確保しましょう。

高円寺阿波踊り 2019年の運行スケジュールと注意事項は?

今年も多くの来場者が予想されている高円寺の阿波踊り!!

 

運行スケジュールはどうなっているのでしょう??

 

運行スケジュールは高円寺阿波踊りの公式HPに掲載されています。

http://www.koenji-awaodori.com/common/images/pamphlet.pdf

このチラシみれはほぼわかりますね!!

 

ちなみに、注意事項がいくつかあります。

まず、場所取りは禁止となっています。
といっても、車道上にテープをはった場所取りのこと。

通所の場所取りは問題ないですが、テープははってはいけないので注意してください。

また、阿波踊りに飛び入り参加するのもNGです。
きめられたグループ(連)の方たちしか認められていないので飛び入りで参加しないようにしましょう。

もちろんのことですが、ゴミは持ち帰り、購入店舗へ戻して頂くのが原則!!
各総合案内所には大型のごみ箱を設置しているので、最低でもそこに捨てるようにしましょう。

海外からの観光客も多いので、日本のマナーのよさを見せるときですね。

あとは、車での来場は結構大変です。
会場周辺は交通規制もはいりますし、何よりあそこらへんは道が狭い!

なので、交通機関を使うのが一番いいと思います。

マナーを守って楽しむのがお祭りの醍醐味!
かなり人が多くなることが予想されますから、早めの行動が大切ですね。




最後に

8月23・24日に行われる高円寺の阿波踊り!
毎年100万人近くの人が集まるお祭りだけに熱気がすごそうですね。

今年もかなり力がはいってますし、楽しみにしてる人も多いはず。
阿波踊りといったら徳島ですが、高円寺も負けていません。

まだ観たことない人は是非、参加してみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

関連
おすすめの記事