スポンサーリンク

pickup
桜坂46センター森田ひかる身長が低すぎる?センターに必要な条件とは

欅坂46から改名してデビューカウントダウンライブをおこなった櫻坂46。

記念すべき新センターに選ばれたのが2期生の森田ひかる。

欅坂時代から2期生ながら人気が高く未来のセンター候補と言われていただけに驚きはない。
ただ、実際にセンターにたってみると身長が低すぎるという声が。

センターに必要な条件ってなんなのでしょう?



欅坂46 センター森田ひかるとは?

櫻坂46のセンター森田ひかる。

欅坂46に2期生として2018年11月に加入。
福岡出身の現在19歳!!

加入当初から絶大な人気を誇り、大きな目とそれをりようした楽曲にあわせた目力、小柄な体形が特徴。
ファンからは「るんちゃん」「るんるん」の愛称で親しまれている。
語尾に「~ですけども」と付ける特徴的な口癖がある。

個性派そろいの櫻坂46の中で透明感抜群の美少女としてファンから人気が高い。

小柄ながらもダイナミックなパフォーマンスに定評があり欅坂46時代には絶対的なセンターである平手友梨奈さんの代役として黒い羊でセンター経験あり。

欅坂46から櫻坂46に改名後、1stシングルのセンターとなりこれからの櫻坂46の顔となる存在。




櫻坂46 センター森田ひかるは身長が低すぎる?

カウントダウンライブが好評だった櫻坂46。

https://twitter.com/koujinogi5/status/1336452998168334336

1stシングルのセンターは森田ひかるだが、藤吉夏鈴が「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」のセンター。
山崎天が「Buddies」のセンターと交代制をとっている櫻坂46。

全員がセンターを経験するも、森田ひかるのセンターが話題に。
その理由が、森田ひかるの身長が低すぎるということ。

森田ひかるの身長は150.5センチと櫻坂46で一番小さい!!

藤吉夏鈴は165センチ、山崎天は164センチと二人と比べてもかなり小さいのが森田ひかる。


ちなみに欅坂46時代の絶対的なセンターであった平手友梨奈さんは163センチ。

先輩グループである乃木坂46のエースだった白石麻衣さんは162センチ。
西野七瀬さんも159センチ、小さくみえる齋藤飛鳥さんですら158センチ。
日向坂46で4作連続でセンターを務めた小坂奈緒も162センチとおおむね160センチ台前半。

森田ひかるは櫻坂46で一番小さいだけでなく坂道グループでも最も身長が低い。
センターとして身長が低いというだけで話題になりますねこれは。

身長が低いと映像映えが心配されるところですが、森田ひかるは小柄ながらダイナミックなダンスが得意で欅坂時代から定評があったのでそこは心配ない。

グループだとセンターが背が高すぎるとそれはそれでバランスが悪く問題になる。
ただ、身長が低すぎても横一列で並んだ時にバランスが悪いといわれる。
これは男性アイドルも同じで、各グループのセンターは身長が高すぎず平均的な身長が多いのもこの理由。

そういった意味で櫻坂46のセンターである森田ひかるは異例といえば異例。
身長が低くてもダイナミックなダンスと魅力があるからこそ選ばれてるとみていいでしょう。

乃木坂46の3期生である与田祐希。
与田祐希も身長152センチしかないが人気が高くセンター経験もある。
女性アイドルにおいては人気が高ければ身長の低さはカバーできるのかもしれませんね。




櫻坂46 メンバーの身長は?

欅坂46から改名後、人数が26名となった櫻坂46。
櫻エイトという乃木坂でいう福神システムも取り入れ選抜制度も導入。

競争を激しくしてメンバーの意識を高めようとしている櫻坂46。
選抜落ちメンバーがでるなど欅坂とは違う姿をみせています。

櫻坂46のセンターは一番身長が低い森田ひかる。
では、櫻坂46で一番身長が高いのは誰なのでしょう。

櫻坂46で一番身長が高いのは1期生の人気メンバー土生瑞穂!!
171.6cmと森田ひかるとは20センチも差があります。

https://twitter.com/habumunchen/status/1335508758017929218

乃木坂46の人気メンバーである3期生の梅澤美波と同じくらいですね土井ちゃんは。
日向坂46で最も身長が高いのがキャプテンの佐々木久美で168センチ。

乃木坂と櫻坂46のメンバーの身長で170センチ台は土生瑞穂と梅澤美波だけ。
あとは160センチ~150センチ台。

背が高いというのは一つの武器になるので覚えてもらいやすくていいですね。

櫻坂46のメンバーの身長をまとめてみました。

171.6cm  土生 瑞穂(1期生)
168.3cm  松平 璃子(2期生)
167cm   渡辺 梨加(1期生)
167cm   渡邉 理佐(1期生)
167cm   関 有美子(2期生)
165.1cm  藤吉 夏鈴(2期生)
165cm   菅井 友香(1期生)
164.6cm  山﨑 天(2期生)
163.5cm  守屋 茜(1期生)
163.3cm  遠藤 光莉(新2期生)
163cm   田村 保乃(2期生)
163cm   井上 梨名(2期生)
163cm   大園 玲(新2期生)
161cm   佐藤 詩織(1期生)
161cm   小林 由依(1期生)
161cm   大沼 晶保(新2期生)
159.5cm  松田 里奈(2期生)
158.5cm  小池 美波(1期生)
158.5cm  武元 唯衣(2期生)
158.4cm  増本 綺良(新2期生)
158cm   齋藤 冬優花(1期生)
156.5cm  尾関 梨香(1期生)
156cm   原田 葵(1期生)
154.5cm  幸阪 茉里乃(新2期生)
154cm   守屋 麗奈(新2期生)
153.5cm  上村 莉菜(1期生)
150.5cm  森田 ひかる(2期生)

こうやってみると2期生が身長が高いメンバーが多い。
1期生は身長が高いメンバーと低いメンバーが半々というところ。
半分以上が160センチ以上というのは結構大きいですね。

150センチは坂道グループでも中々いないからレアですね森田ひかるは。




櫻坂46 センターに必要な条件は?

櫻坂46で一番小さいセンター森田ひかる。
ダイナミックのダンスと多彩な表現力、目力でファンを虜にしています。

身長が低いことが取り上げられていますが、アイドルに身長は関係があるのでしょうか。
アイドルのセンターに必要な要素は実は4つあるといわれています。

・「バランスの良いスタイル」
・「音感・リズム感」
・「クセの無いダンス」
・「メンタル」

バランスの良いスタイルとは顔がかわいいのは当然のこと、手足が細いということ。
「映像映え」がかなり重視されるのがアイドルのセンターというポジション。
バランスが悪いと際立って悪いところがみえてしまうというデメリットがあるんです。

なので、肩幅が広かったり、極端に胸が大きかったり顔が大きいアイドルはアンチが付きやすい。
元AKBのセンターであったあの人も顔がでかいと揶揄されてましたしね。

人間は人のスタイルを加点式ではなく減点式でみる習性が強い。
またクセが強すぎると強すぎる個性は諸刃の剣にもなりうる。

これは欅坂46が自ら体験していることではあるが、個のオーラーが強すぎると目立つがそれに引っ張られる。
結果、そのセンターが抜けたりすればグループのイメージが低下するなどもろ刃の剣でもある。

欅坂46の平手友梨奈さんがまさにこれですね。
個性やオーラが強すぎるのはグループにとっては諸刃の剣。
そういった点では櫻坂46の森田ひかるや日向坂46の小坂奈緒はバランスが取れていていいセンター。

森田ひかるだけでなく、藤吉夏鈴や山崎天もセンター向き。
櫻坂46はメンバーが誰がセンターをやってもいいように育ってもらいたいですね。




まとめ

坂道グループでも最も身長が低い櫻坂46の森田ひかる。

改名後、櫻坂46のセンターになったことで注目度が急上昇。
大きな目とダイナミックなダンスでぜひファンを魅了してほしいですねこれからも。
最後までお読みいただきありがとうございました。

関連
おすすめの記事