スポンサーリンク

pickup
緊急事態宣言再発令の確率はどれくらい?センター試験が終わってから
東京都のコロナ感染者数の増加に伴い、緊急事態宣言が再び注目されています。 年末年始にかけて感染者が増加し、勝負の3週間に負けた日本。 緊急事態宣言が再発令されるのか注目されていますが果たしてでるのか。 実際に緊急事態宣言が出たらどうなるのか? 本当に緊急事態宣言の再発令に効果はあるのか? 検証していきたいと思います。

 

緊急事態宣言の再発令の確率はどれくらい?

東京都の感染者増に伴い、緊急事態宣言の再発令が注目を集めています。 緊急j地愛宣言の再発令の確率はどれくらいなのでしょうか? 小池都知事ら1都3県の知事が西村大臣と面会し、緊急事態宣言を要請。 昨年の5月に発令された緊急事態宣言に注目が集まっています。 世の中の8割の人が緊急事態宣言の再発令が必要とアンケートに答えています。 ツイッターでもこんなアンケート結果が。 現時点で緊急事態宣言の確率はどれくらいになるのか。 緊急事態宣言の再発令の確率は現時点ではきわめて低いとみていいでしょう。 西村大臣は要望は国として受け止めるとだけに留まり、飲食店に対する一層の営業時間短縮要請。 これだけみると今のところ緊急事態宣言の再発令の確率はほぼないといっていいでしょう。

緊急事態宣言 再発令の確率が低い理由は?

再び発令がでるか注目を集めている緊急事態宣言。 毎日のように感染者数が増加し、1000人を超えた東京だけでなく全国各地で感染者増は止まらず。 医療崩壊も近いといわれており、非常に危険な状況が続いています。 年末年始はおとなしく家で過ごすように政府は要請していましたが、全く意味をなさず。 リモート参拝も推奨されてましたが、全く効果はなさず。 https://twitter.com/oedharris/status/1344753949220302849 不要不急の外出は控えてと言われてながらも、これじゃ緊急事態宣言をだしても効果はないですね。 また、緊急事態宣言の再発令の確率が低い理由が2つあります。 一つ目は受験シーズンであること。 1月はセンター試験があり、2月~3月は大学だけでなく高校受験も。 この時期に緊急事態宣言を出すと受験はどうなるのか?という課題がでてくる。 センター試験が終わるまでは緊急事態宣言の再発令の確率は低いでしょう。 また、もう一つの理由が緊急事態宣言には罰則がないこと。 緊急事態宣言は政府のお願いベースであり、結果的に罰則もない。 1回目の緊急事態宣言は国民がしっかりと守ってくれましたが、2回目を必ず守るとは限らない。 また、それだけでなく補償も罰則もない中で生活ができない人が増えている。 コロナで職を失った人も非常に多い。 この状態で緊急事態宣言をだせば、経済は死んでしまい国民への大ダメージが大きい。 また、自民党は支持率が下がるのを恐れているので緊急事態宣言を発令するのは否定的。 緊急事態宣言を出すということはオリンピックは開催をしないといってるようなもの。 まだオリンピックをどうするかが決定していない中で緊急事態宣言を出すわけにはいかない。 こういった理由から緊急事態宣言の再発令の確率は極端に低いと見ていいでしょう。

緊急事態宣言 再発令の場合の基準は?

にわかに注目をされてる緊急事態宣言! 万が一に、緊急事態宣言が再発令された場合日本経済は更なる大ダメージを受ける。 そう考えると、緊急事態宣言を簡単に再発令するわけにはいかない。 明確な基準がないと緊急事態宣言の再発令はできないですが明確な基準はあるのか。 政府が示している緊急事態宣言の再発令の基準は前回ではこのようになっていました。 (1)直近1週間の新規感染者数が人口10万人中5人以上 (2)感染者が2倍になる倍加時間が10日以内 (3)経路不明が半数以上 東京とはこれを満たしてしまう可能性が高い。 東京の人口はおおよそ1400万人。 このうち1週間に700人感染者がでると、この1の基準を超えることに。 その場合は、2もクリアすることになるので東京は基準が達成されているのが現状。 ただ、東京だけ緊急事態宣言を出すとは考えにくい。 だすのであれば関東全県に緊急事態宣言の再発令をするのではないかと見ています。 この数字はあくまでも基準値ですからね。 爆発的に東京だけでなく全国でもコロナの感染者が増えれば緊急事態宣言が再発令される可能性が一気に高まる。 秋口解散というワードがニュースでもでていますが、自民党は秋に解散するつもりでもある。 そう考えると、このまま緊急事態宣言を出さずにやりすごす可能性も充分に考えられる。 ただ、それをしたら選挙で大ダメージくらう可能性もあるから反対論も多いでしょうが。 現時点では緊急事態宣言の再発令の基準値には達していませんが、達した場合は注意が必要。 われわれに出来ることは、まずは自己防衛を徹底すること。 マスク・手洗いうがいをしっかりとして自己防衛に努めるしかないですね。

まとめ

緊急事態宣言の再発令の確率は現時点では低いとみていいでしょう。 出したいけれど出せないというのが本音ではないでしょうか政府の。 実際に緊急事態宣言を出したところで罰則があるわけではないし、あくまでもお願いベース。 どこまで効力があるかのか疑問ですね。 感染者は日々増加していて、医療崩壊も近い。 このままではにっちもさっちもいかない状況が続く日本。 罰則付きの緊急事態宣言を検討すべきでしょう。
関連
おすすめの記事