スポンサーリンク

pickup
夏のマスクは暑いし蒸れるし熱中症の危険が高い!オススメの対策は

本格的な夏が近づいてきています。

一時期嘘のように高騰したマスクバブルも収まり、マスクがだいぶ手に入りやすくなりました。
マスクの価格も落ち着いており、100円ショップなどでも普通に売られています。

これから本格的に気温が高くなってくる季節!!
夏のマスクは暑いし蒸れるし化粧も崩れるし、熱中症の恐れもあっていいことが何一つない。

でもマスクしてないとマスク警察に何言われるかわからないですよね~
夏のマスクは暑いですが、オススメの夏のマスクや対処法を紹介していきます。




夏のマスクは暑い!!

梅雨の時期はジメジメの季節!
気温も湿度も高くなるのでマスクをしていても暑いし蒸れるし大変。

これから本格的な夏がくるにあたり、夏のマスクは暑いので悩んでる人も多いことでしょう。

 

本音を言えば、夏はマスクなんてしたくないですよね。
ただ、今のご時勢ではそんなことは言ってられずマスクをしてないだけで白い目で見られる。

 

夏のマスクで最も多かった悩みが暑い!!
それ以外にもこんな悩みが打ち明けられています。

・マスクの中が蒸れる

・メイクの付着が気になる

・化粧崩れする

・マスク焼けが気になる

・肌荒れする

男性は暑いや蒸れる、女性は化粧や肌に関する悩みが非常に多い。

 

実際に夏のマスクは暑いのでマスクをしてるとしてないのだとこんなにも変わってきます。

特に夏は気温が高いのでマスクを付けているだけで心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上がる。、
結果的に体に負担がかかり熱中症になりやすくなってしまうという悪循環が。

 

夏になると熱中症で運ばれる人が急増するのに、マスクつけてたら今年はさらに酷いことになりそう。

このままだとヤバイので夏のマスクが暑いのを解消する方法を調べてみました。




夏のマスク どんな生地が向いている?

今ではドラッグストアの店頭でも見かけるようになったマスク!

一時期のマスク不足が嘘みたいですね。

 

今ドラックストアやコンビにで売られているマスクは基本的に不織布マスク。
ただ、これは夏には暑くてとてもじゃないけど付けてられない。

 

長時間つけてるだけでも熱中症のリスクが高まります。

 

夏のマスクは生地が非常に重要なのがわかります。

 

そこで、夏のマスクにオススメの生地をいくつか紹介します。

夏のマスクにオススメの生地は3つ!!

・リネン100%素材

・コットン100%コンパス素材

・コットン100%リップル素材

一つずつ簡単に説明します。

 

まず、リネン100%素材ですが夏といえばリネンでしょう。

リネン=麻ですね。
麻の生地は吸水性に優れた天然繊維で、天然の抗菌作用が含まれていると言われている優れもの。

https://twitter.com/Akiraroom/status/1271719739111301120

夏になるとリネンシャツとか販売されるし、よく着る人も多いでしょう。
リネン100%素材のマスクはネットショップなどで販売されたりもしています。

抗菌作用もありますのでリネン100%素材のマスクはオススメです。

 

あと、2つはコットン100%ですが若干素材が違います。

 

コンパス素材は折り目の細かい、やや透け感のある素材。
吸水性・耐久性に長けていて、ハンカチやバンダナの素材として人気の生地。

 

逆にリップル素材は表面がポコポコした素材!
クレープ素材のような生地で、子どもの甚平などにもよく使われています。

見た目が涼しそうにみえるのはリップル素材のほうですね。

 

どちらも吸収性と耐久性に長けていてTシャツなどでも使われている素材。

 

こちらもネットショップで売られています。

夏のマスクは暑いので不織布マスクはやめたほうが絶対にいい。
熱中症の危険もありますし、なるべく涼しいマスクをするに越したことはない。

夏のマスクは色んな企業が製作しており、色んな種類を発売しています。

ユニクロのエアリズムマスクも気になりますよね。
夏に向けて衣替えをしている人も多いでしょうが、夏のマスクも衣替えが必要。

リネン素材かコットン素材の生地を選んでなるべく涼しい夏のマスクを選びましょう。




夏のマスク ユニクロのエアリズムはどんな効果が?

ユニクロが19日より発売するマスクが話題になっています。

ユニクロは夏用の機能性肌着「エアリズム」の素材を使ったマスクということで話題になっています。

 

ただし、これ決して夏用のマスクではないのです。

 

エアリズムの特徴である通気性!!

このマスクには通気性の良さはないとのことで、炎天下や会社ではマスクの着用は控えてほしいそう。

てっきりエアリズムのマスクだと思って期待してたら違うんですね。

 

ユニクロが発売するマスクは表側のメッシュ素材はUVプロテクション機能があり、紫外線を90%カット。
内側のエアリズムは不織布やコットンとは異なる滑らかな肌ざわりで、マスク着用時の肌のごわつきを軽減。

表地と裏地の中間には、細菌やウィルスが付着した粒子、花粉などをブロックする機能をもつ高機能フィルター

もちろん洗濯機で洗えて20回洗濯しても効果は継続されます。
ただし、マスクとしてはオールシーズンの着用を推奨していて決して夏用ではないのです。

 

残念ですね~通気性がよくなければ涼しさを感じることもないでしょうし。
秋以降であればいいでしょうが、夏のマスクとしては決して向いてるとはいえないですね。

 

品質が良さそうだったから注目してたけど、ちょっと残念ですね。
気付かないまま買う人多そうですね~紛らわしい名前がほんと。

ネット上でも注意喚起している人がいますね。

夏用のマスクだったら最高だったのにな~残念ですね。

夏のマスクとして注目を浴びてるユニクロのマスクは夏用ではありませn。
夏用だと思って間違って買わないように注意してください。




夏のマスク オススメは?

ユニクロのエアリズムマスクが夏用ではないという衝撃的な事実。

他にもマスクを出してる会社はたくさんありますが、夏のマスクのオススメって何なのでしょう?

夏のマスクでオススメなのはイオンのマスク!

これはきちんと夏用のマスクとして売り出しており、洗えて経済的。
値段もそこまで高くないしカラーバリエーションもあっていいですよ。

 

 

夏のマスクのオススメはきちんと夏用と明記されているものがやっぱりいいですね。
これなんかもそうですが。

夏のマスクは暑くて蒸れないものが一番いい。

 

普段つかってる不織布マスクだと絶対に夏は肌荒れしたり、出来物ができたりします。
蒸れるだけじゃなく、体温もあがり熱中症の危険も。

 

夏のマスクは涼しくて通気性がいいことが一番求められます。
夏用のマスクを購入する際は、通気性と生地の素材に注目するといいでしょう。




まとめ

夏のマスクは暑くて危険が伴います。
マスクをしないのが一番いいけど、コロナウイルスが収まっていない以上それは難しい。

周りの目もありますしね。

なので、マスクをするなら生地が夏用の生地で通気性のいいものを選びましょう。
ユニクロのエアリズムマスクは夏用ではないのでご注意ください。

関連
おすすめの記事