スポンサーリンク

pickup
千鳥と同期の芸人は誰なの?同期で一番売れてるのはあの天才芸人?
今やテレビで見ない日はないといっても過言ではない千鳥!! クセがすごいのツッコミでおなじみのノブと大吾のコンビ。 志村けんさんにかわいがられていた千鳥の大吾は志村けんさんが亡くなった時に心配されたほど。 千鳥の大吾は志村けんさんと友達だったと言っているほどの仲でした。 千鳥といえば、酒飲みの大吾とクセが強いツッコミのノブのコンビ! 千鳥はかなり大物のお笑い芸人からも推されていますが、同期はいったい誰なのでしょう。 同期は天才ばかりと言われていますが、いったい誰のことなのでしょうか。

千鳥と同期芸人は誰?

ともに岡山出身のお笑いコンビである千鳥! 冠番組を多く持ち、数々のバラエティ番組で活躍していますね。 今やTVで見ない日はないというくらいバラエティやCMなどでも活躍中。   そんな千鳥の同期芸人っていったい誰なのでしょう?   千鳥は2000年7月結成されNSC大阪校21期と同期扱い。 なぜ扱いかというと、吉本興業のwebサイトにデビュー年の記載がないから。   千鳥は結成が2000年7月ではありますが、事務所に入ったのが1999年。 そういうこともあり、21期扱いとなっています。 椿鬼奴さんが以前、千鳥と同期であることをTVで告白したことがありましたね。 千鳥と同期の芸人はこちら。
・レギュラー ・天津 ・カナリア ・インパルス ・ロバート ・森三中 ・椿鬼奴 ・とろサーモン村田 ・チュートリアル福田
結構売れてる芸人さんが多いですね~。   森三中は世界の果てまでイッテQのレギュラーだし、ロバートやインパルスは売れてる芸人さん。   チュートリアルの福田さんとも同期なんですね。 ちなみに一つ下の後輩に、南海キャンディーズの山里さんやトロサーモン久保田さんがいます。 結構あたり年ではないのでしょうかこの年の芸人さんは。 ちなみに、千鳥の大吾さんは誰でも受かるといわれているNSCを受験したが落ちたそう。   とろサーモンの村田さんが同期で、久保田さんが後輩なのはとろサーモン久保田さんも受験失敗して翌年に入学しているから(笑) 大吾も相当ですが、とろサーモンの久保田さんも相当なお馬鹿ですね(笑)   千鳥の同期芸人は豪華ですね~。 売れてるほう芸人さんが多いし、レギュラー出演している芸人さんもいるほど。 同期が売れてると頑張ろうという気になりますし、いいことですね!!

千鳥 同期芸人で一番売れてるのはあの天才芸人?

M‐1グランプリや『THE MANZAI』の決勝進出の常連だった千鳥! 千鳥の漫才といえば、クセがすごく賛否両論わかれる漫才が多い。 クセが強すぎておもしろくないという声も聞こえてきます。 その分、ノブのツッコミが光る部分もありますが! 千鳥の同期芸人は売れっ子芸人が多いですが、天才と呼ばれる芸人が2人います。 1人は、インパルスの板倉さん。 芸人仲間から「不幸な天才芸人」とも言われる千鳥の同期芸人   かつてははねるのトびらで活躍するも番組が突然終了。 そしてその後、相方の堤下さんの不祥事により活動休止状態に。 ピンでもTVに出演しますが、天才肌の芸風とツッコミがすごいといわれていますね。   堤下さんの不祥事なかったら、もっと売れててもおかしくないのに。   腐り芸とも言われていましたが、それもハライチの岩井さんにポジション取られちゃいました。 インパルスはもっと売れてもよかったのにな~堤下さんの不祥事のダメージが多きすぎましたね。 板倉さんと同様、天才と呼ばれている芸人さんが千鳥の同期にいます。 千鳥のノブさんも同期の中で天才とべた褒めするほどの芸人。 いったい誰のことなのでしょう? ロバートとしての活動はあまり見られませんが、秋山さんピンでの活動は非常に多い。 色んな活動してるんですよねロバートの秋山さん。   ドリームマッチ2020でロバート秋山さんと千鳥のノブさんがコンビを組んでコントを披露した際のも見事に優勝しましたが、千鳥のノブさんロバート秋山さんを天才とベタ褒めしてましたしね。 売れてるだけでみたら、千鳥の2人のほうが番組ももってるしTVへの露出も多いので千鳥のほうが売れてるでしょうが、天才といわれたたら間違いなくロバート秋山さんでしょうね。 ロバート秋山さんだけでなく、森三中も売れてるし千鳥の同期芸人は本当にすごいですね。

千鳥 同期だけじゃなく後輩も売れてる?

今やテレビで見ない日はないというくらい人気の千鳥!! 特にロケ番組をやらせたら天下一品といわれるほどロケがおもしろいのが千鳥。 https://twitter.com/ruix1005/status/1380625444962193410 ロケに一緒にいって仲良くなったイケメン俳優も数知れず。 千鳥と同期で活躍している芸人も多いですが、実は後輩もかなり当たり年といってもいいほど売れてる芸人がたくさんいるのです。 ・平成ノブシコブシ ・ピース ・大西ライオン ・ダイアン ・キングコング ・山里亮太 など、売れてる芸人さんばかり。 特に平成ノブシコブシノの吉村さんや、山里亮太さんは超売れっ子芸人。 下手したら先輩の千鳥よりも売れてる。 最近はダイアンも人気がでてきてるし、千鳥の大悟も推してる。 https://twitter.com/cd_j3c/status/1381555541613277189 関西の直の後輩だけあって、眼をかけているのでしょう千鳥が。 同期であれだけ売れていて切磋琢磨しているのに、後輩による突き上げが凄いってほんと成長するしかない環境の中にいる千鳥。 それが売れていくために必要なことかもしれない。 千鳥は同期の芸人だけでなく、後輩芸人も凄いことが判明。 どんどんお笑いを盛り上げていってほしいですね。

千鳥 人気の理由は大御所のおかげ?

バラエティやCMで大活躍のお笑いコンビ千鳥!! 第二のダウンタウンとも言われており、多くの番組に出演していますね。 コンビだけでなくピンでの仕事も多く、CMにも多く出演しています。 千鳥の人気の秘密ってどこにあるのでしょう? 千鳥は元々、大坂ではレギュラー番組を10本以上抱えていた超売れっ子でした! ただ、東京にでてきからはイマイチ評価は上がらずTVでもみる機会が少なかった。 千鳥をみるようになったここ数年前の話ですよね! 東京でブレイクするきっかけになったのがいろはに千鳥。 https://twitter.com/irohanichidori/status/1257502655322009600 千鳥の最大の売りは漫才やコントではなくロケの面白さ!!! 千鳥はロケの達人として大坂では有名で、漫才やコントよりもロケのほうが人気が高かった。 このスタイルに変えてから東京でも人気がでてブレイクしたのです。 実際にいろはに千鳥色んなゲストがでてますが、この番組をきっかけにノブと佐藤健さんが仲良くなったりと色んな話題がついてまわるのです。 これが千鳥の人気の理由の一つでしょう!! そして、もう一つ人気の理由があります。 それは、大御所芸人からかわいがられていること。 千鳥の大吾は志村けんさんと友達とも言われ、よく飲み行く仲間なのは有名な話でした。 志村けんさんが亡くなったときも、大吾が心配され追悼コメントが話題になったほど。 番組でも共演してましたしね志村けんさと千鳥の大吾! 志村けんさんだけでなく、ビートたけしさんや爆笑問題なども千鳥を高く評価しています。 志村けんさんや、ビートたけしさんなどの大御所からかわいがられ褒められた事により千鳥の人気が加速していき、今の売れっ子にまでなっていったのです。 千鳥の2人の人柄でしょうねこれは!! 大御所や先輩にかわいがられ、褒めてもらえれば世間も注目するし認知度もあがりますしね。 実際に志村けんさんと仲がよかったから同じ番組に呼ばれたわけだし。 千鳥の2人は売れても全く気取らないし、素のままですもんね。 ロケ番組みてると先がよめなくて本当に面白いし。 是非、この先もロケでお茶の間を楽しませて欲しいですね。

千鳥 ノブ改名した過去がある?

大人気漫才コンビ千鳥!! 酒飲み大吾とツッコミのノブのゆる~いコンビで大人気ですね。 特にノブのクセが強いは流行語になるのではないかと思われるくらい人気。 そんな千鳥のノブですが、過去に改名したことがあるという情報が。 果たして本当なのでしょうか?? これは本当ですね!!あくまでも番組の企画で変えただけですが。 きっかけは2013年に放送された「ロンドンハーツ」の企画 千鳥のノブの本名は早川信行!! 改名した名前が、ノブからノブ小池!! 何故ノブ小池になったかというと、呼び間違えからのみんなのイジリから。 元ビーチバレー選手の浅尾美和に「小池さん」と間違って呼ばれたことがありそこからノブ小池に。 ノブの苗字早川なので何故小池がでてきたかは謎なんですが・・ ここからノブ小池として活動するも、全く話題にもならない(笑) しかも、まだこの時は千鳥は全国区で売れてるわけでもなく今ほどの人気もなし。 そりゃ、取り上げられないですよね。 結局、1年2ヶ月で元のノブに再改名したのです。 いまやったら反応が全然違うのでしょうが当時はまだ売れてなかったですからね~今ほど。 やっぱり、有名になってからやらないとダメなんでしょうね。 千鳥のノブの改名の過去は本当でした!!

まとめ

今やテレビで見ない日はない人気お笑いコンビ千鳥! 千鳥の同期芸人も多く活躍していますし、切磋琢磨してるのでしょうね。 ツッコミが抜群にうまい千鳥のノブ! 大吾さんとの仲良しコンビは見てて笑えて楽しくなります。 是非これからも頑張って欲しいですね。 最後までお読みいただきありがとうございました。
関連
おすすめの記事