スポンサーリンク

pickup
新型コロナウイルスで結婚式場の現状がヤバイ!オンライン化が進む?

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。
路上や自宅などで容体が急変し亡くなる方も増えてきています。

 

死後に新型コロナウイルスに感染していたと判明するケースも!!
それだけウィルスが蔓延しているってことですね。

 

検査を増やしたところでどうこうなる問題ではなくなってきていますね既に。
ロックダウンするなどより厳しい措置が求められています。

 

新型コロナウイルスで結婚式場の現状もヤバイという噂が。
結婚式場の現在がどうなっているのか調べてみました。




新型コロナウイルスで結婚式場の現状がヤバイ!

新型コロナウイルスの影響により、緊急事態宣言が発令されて2週間。

外出自粛やテレワーク推奨が進む中、結婚式場にも影響がでてきています。

 

結婚式場は不要不急の外出の対象になってないんですよね~何故か。

 

結婚式場はコロナの感染リスクが高い場所!!
100人近くの人間がこのために都内から他県に移動することにもなります。

 

飲食物の提供もある三密空間であり非常に危険な場所でもあるんです。

 

ただ、キャンセル料が高くて結婚式をキャンセルできないと悩む人も多い。

https://twitter.com/5ge0TOo7OzFJlFh/status/1250028549395951616

https://twitter.com/chell_man35/status/1251767848612974592

 

こういった事態を踏まえてか、最近は結婚式をあげるカップルの不安を軽減しようと、全国各地の結婚式場が共同で日程の変更やキャンセル料の負担について柔軟に対応していく方針を発表。

そもそも外出自粛の中で、結婚式をするだけで非難されてしまいますしね。

キャンセル料を唯一とるのが結婚式場だということで風当たりが強くなってきたので方向転換しましたね。




こういった動きもあってか、キャンセルするカップルが増えてはきています!

 

その影響か、結婚式場やプロポーズに利用していた人気店でさえも店を畳むところが出てきています。

キャンセルが続けば、結婚式場の倒産も増えてくる可能性はありますね。

 

ただ、結婚式場って利益率が非常に高いところ。

今回の新型コロナウイルスの影響で結婚式が注目されていますが、キャンセル対応を一歩間違えると火に油を注いでしまい取り返しのつかないことになりかねない。

 

儲ける事だけを考えてしまうと、今後生き残れなくなる可能性も高いですからね。

 

新型コロナウイルスによる結婚式場の現状がヤバイことになっています。
以前よりもキャンセルしやすくはなってるので、迷ってる方は相談してみてください。




結婚式のキャンセル料って何がかかるの?

新型コロナウイルスの影響によりキャンセル料が話題になっている結婚式場。

結婚式のキャンセルが高いという声が非常に多く、業界も動き始めました。

 

結婚式のキャンセルって何がそんなにかかるのでしょう?

 

基本的に結婚式場でのキャンセルというのは契約時に決めたキャンセル料の内容が基本です。
このキャンセル料の内容が結婚式場によって異なりますが、結構かかるんです。

・スタッフの人件費
・準備料
・結婚式場の予約料
・保証金
・招待状などのペーパーアイテム(席次表・席札など)
・装花
・受注生産の引出物ですでに製作が始まっているもの
・賞味期限のある引き菓子

こういう実費がかかることもあって、キャンセル料がどうしても発生してしまうんですよね。
カットできるところはカットしてくれる結婚式場もあるでしょうが。

 

結婚式場によっては、延期にすることでキャンセル料金を内金にしてくれるところも。

 

ただ、やっぱり結婚式を挙げるカップルからは高すぎるという声が多いのも現状。

https://twitter.com/5ge0TOo7OzFJlFh/status/1250028549395951616

https://twitter.com/bhdmNIRfCDm2if3/status/1226940859519623169

結婚式や結婚式場のトラブルで現在一番多いのがこのキャンセル料金について。

キャンセル料金とるために契約をせかすような悪質な結婚式場もあるんだとか。

 

新型コロナウイルスの影響をうけている結婚式場。
血の通った対応をしていかないと、後々自分達の首を絞めることになってしまうでしょうね。




新型コロナウイルスの影響でオンライン結婚式が増加?

新型コロナウイルスの影響でテレワークが推奨されています。

その結果、ビデオ会議でZOOMを使う企業が急増。

 

オンライン会議やオンライン飲み会が流行っていますが、実は結婚式にもその波が?

結婚式場によってはすでにオンライン結婚式を始めているところもあるんです。

 

これ、実は日本だけでなく海外でも広まりをみせつつあります。
米ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事はインターネットでの婚姻手続きを認める州令に署名。

今後広がっていく可能性が高そうですね。

 

オンライン結婚式は、ビデオ会議システム「Zoom」を利用。

 

ZOOMを使えば結婚式に参加する人はオンラインで住むし、会場も必要最低限の人数でいい。
世界各地からも参加可能なので、参加のリスクも少なくてすむ。

 

まさに新しい形ですよね。
ネット上では賛否の声があがっていますが・・

確かに結婚式って生てあの臨場感だから感動するのであって、オンラインは寂しいような。
新型コロナウイルスの影響でキャンセルできない人にはいいでしょうけどね。

 

このほうが圧倒的に予算も安くすむでしょうし。

 

新型コロナウイルスの影響で様々なものがオンライン化していますが、結婚式までもか~。

 

新しい形がどんどん増えていきそうですねこれから。




まとめ

新型コロナウイルスによる結婚式場での影響は大きいですね。

キャンセルトラブルも急増していますし、対応が難しいですねこれは。
キャンセル料もらえないと結婚式場は潰れてしまうな。

オンライン結婚式も今後増えそうなのであたらな道は開けそうですけどね。

新型コロナウイルスの影響で結婚式場も余裕がなくなってきています。
是非、結婚式を挙げる予定の方はいろいろと参考にしてみてください。

関連
おすすめの記事