スポンサーリンク

pickup
日向坂46 センター歴代メンバーまとめ!小坂菜緒を超えるのは誰?

最近メンバーの多くがバラエティなどに進出している日向坂46!!

人気メンバーがTV番組に出演することで、日向坂46の知名度も上がっていっています。
相乗効果ですねまさに。

日向坂46のセンターといえば、小坂菜緒!!
5作目にしてセンターが初めて入れ替わった日向坂46。

日向坂46と改名する前のけやき坂46時代の歴代のセンターはメンバーで誰だったのか。
日向坂46のセンターにふさわしいのは誰なのか。

日向坂46の歴史を紐解いてみたいと思います。




日向坂46 センター歴代メンバーは?

人気も認知度も徐々に大きくなってきている日向坂46!

紅白に出演して以降、バラエティ番組などにも出演する機会が非常に増えてきています。
乃木坂のバーターとして出演することも多く、運営側も推しているのがよくわかる。

グループとしての認知度は上がってきますが、ファン以外の認知度は高くない。

日向坂46のセンターといえば、小坂菜緒というイメージが強い。
最新シングルではセンター交代しましたが、それでもセンターは小坂菜緒というイメージ。
アイドルグループといえば、やっぱりセンターが重要!!

アイドルグループで最も注目されるのがセンターの存在ですし、センターはグループの顔といっても過言ではない。

日向坂46のセンターっは今まで小坂菜緒と佐々木美玲の2人だけ。
佐々木美玲は最新シングルだけなので、日向坂といえばセンターは小坂菜緒。

ただ、日向坂46の前身であるひらがなけやき(けやき坂46)も含めると他にもセンター経験者がいます。
ただ、ひらがなけやきはファンが知ってる存在で、CDデビューもしていないので正式なセンターとは言いがたい。

日向坂46だけでみればセンターは小坂菜緒と佐々木美鈴の2人のみなんです。

小坂菜緒は握手会でも圧倒的な人気を誇り、『Seventeen』の専属モデル。
単独で雑誌のグラビア経験もあり、日向坂46に加入前のオーディション時代から注目を集めていた存在

日向坂46をここまで大きくしたのはセンターの小坂菜緒の存在が大きい。
それだけアイドルにとってセンターというのは重要なポジション。
佐々木美鈴がセンターになって、どこまで伸ばせるか。

また、今後のセンターを小坂菜緒に戻すのかそれとも別のメンバーに担当させるのか。

日向坂46 センターの小坂菜緒は歯は矯正?白すぎて不自然すぎるけど

日向坂46のセンターと名乗れるメンバーがあと何名でてくるか。
これによってグループの求心力も認知度も大きくかわってくるでしょう。

日向坂46の歴代センターと名乗れるのは小坂奈緒と佐々木美玲のみ。
今後、この2人以外にセンターを担うメンバーがでてくるのか注目が集まりそうですね。




日向坂46 メンバーでセンター経験者?

デビューシングルのキュンが大ヒットを記録した日向坂46!

それぞれのメンバーが雑誌の表紙やモデルに抜擢されるなど注目度も抜群。
坂道グループで最も勢いがあり、芸能界でもファンが増えつづけている注目のアイドルグループ。

アイドルグループのセンターといえば、最も注目されるポジション!!!!
けやき坂46から日向坂46に改名してからセンターを勤めたのは小坂菜緒と佐々木美玲のみ。

ただ、日向坂46の改名前のひらがなけやき(けやき坂46)として活動していたときはセンター経験者がそれなりにいます。

日向坂46は元々欅坂46のアンダーグループとして活動。
ただ、けやき坂46時代はCDのリリースはしておらず欅坂46のカップリングを担当していました。

ファンからはひらがなけやきと呼ばれておりけやき坂46としてそれなりの人気はあったのです。

けやき坂46として武道館の舞台にたったこともあるし、全国ツアーも経験しています。
けやき坂46時代はシングルはだしていないのですが、アルバムは発表しているのです。

けやき坂46として最初のセンターは元欅坂46の長濱ねるさん!

元々、けやき坂46は長濱ねるのために作られたグループ。
長濱ねるがいなければ現在の日向坂46も存在していませんし、日向坂46は長濱ねるがいたから誕生したグループ。
もしかしたら電撃復帰なんてことも将来あるのかもしれないとファンはひそかに期待しています。

けやき坂46時代は、当然のことながらしばらくセンターは長濱ねるでした。
そして、その後にセンターを努めたのが日向坂46の初の卒業者となってしまった柿崎芽実さん。

https://twitter.com/kyonkotalk/status/1193529445769867264

ぶりっ子キャラでグループ内での知名度を圧倒的なものにし、けやき坂46一期生最年少メンバー。

この2人がけやき坂46(現日向坂46)の歴代の初代のセンターでしたが現在は2人ともグループにはいません。

日向坂46に改名前のひなた坂46でセンター経験者はあと4人います。

・佐々木美玲
齊藤京子
・加藤志帆
・小坂菜緒

現在でも毎回フロントに選ばれる人気メンバーの3人!
この3人がけやき坂46時代にセンターを経験しています。

小坂菜緒と佐々木美玲は日向坂46でもセンターに選ばれたので、けやき坂46時代とWでセンター経験が。
この当時から小坂菜緒は目立っており、けやき坂46のセンターを担う存在とも言われていました。

以外にこれ以外のメンバーはセンター経験がないのです。

ま~そこまで目立った活動をしていたわけではなく、楽曲数も多いわけではないので当然ではありますが。
長濱ねるが兼任を解除され欅坂46にいってからなので、長濱ねるがそのままけやき坂46にいればセンターをずっと担当していた可能性はありますが。

けやき坂46時代のセンター回数でいえば、長濱ねるに続いて多いのは佐々木美玲。
そういった意味ではデビューシングルで小坂奈緒をセンターに抜擢したのはある意味博打だった。

大当たりした結果、4作目まで小坂菜緒になりましたがセンターが。

日向坂46 センターの小坂菜緒は歯は矯正?白すぎて不自然すぎるけど

けやき坂46時代にセンターを経験したメンバーが数名いる日向坂46。
今後、このセンター経験者がセンターになる可能性があるのかないのか。

今後のシングルの発表が毎回楽しみですね!!




日向坂46 小坂菜緒をこえるセンターは?

日向坂46のセンターといえば、真っ先に名前があがるのが小坂菜緒。
佐々木美玲が5作目でセンターになりましたが、6作目が誰になるかは未定。

日向坂46でセンターにふさわしいメンバーっていったい誰なのでしょう?

現時点で、センターにふさわしいと思えるのは3人!!

初代センターであり4作連続センターの小坂菜緒。
2代目センターであり、けやき坂46時代でもセンター経験がある佐々木美玲。
そして、唯一の3期生として頑張ってきた上村ひなの。

小坂菜緒に関してはもう言うことはないでしょう。
誰もが認めるセンターだし、日向坂46をここまで有名にしたのは間違いなく小坂菜緒の功績。

6作目でセンターに帰り咲いても当然としかファンも思わないはず。
この先ず~とセンターでもいいと思いますが、そうなると欅坂46の2の舞になりかねない。

適度なセンター交代は必要になってくるでしょうねグループ運営として。

そんななか、一押しが3期生の上村ひなのさん。

坂道研修生が加入するまでは唯一の3期生として活躍。
上村ひなのさんは天才とも言われており、オードリーもお気に入りでした。

上村ひなのさんといえば、加入当初からファンやメンバーから可愛がられている存在。
上村ひなのさんは大喜利の天才と言われています。

独特なんですよね~世界観が!!

ファンとしては上村ひなのさんをセンターに推す声が結構多い。
3期生ながら日向坂46ではトップクラスの人気を誇っており、握手会も大人気。

日向坂46で最年少でもあるし、非常に将来が有望な上村ひなのさん。
今すぐにセンターは冒険ですが、将来的にセンターを担う可能性は充分にあるしその素質もある。

基本センターは小坂菜緒さんでいき、合間合間で佐々木美玲さんと上村ひなのさんをセンターに置くというシステムが最も安定しそう。
乃木坂46も似たようなシステムですしね。

上村ひなのさんがセンターになればそれはそれで宣伝効果も充分見込めるし、日向坂46の広告塔にもなる。
今後、上村ひなのさんのセンターがあるのか楽しみですね。




日向坂46とは?

日向坂46は2019年2月11日に「けやき坂46」から改名したグループ。

元々欅坂46のアンダー的な扱いのグループが、改名し今のグループになりました。

日向坂46の前身であるけやき坂46は元々長濱ねるのために作られたグループ!
長濱ねるが特例で欅坂46に加入した際に、けやき坂46との兼任での加入のために作られたんです。

今は日向坂46として活躍しているメンバーも元々けやき坂46として活動。
2年くらいは欅坂46のアンダー的な存在で日が当たらない存在だったのです。

といっても、本家である欅坂46よりも全国ツアーを先にやるなど実力は折り紙つき。
日向坂46に改名することで、欅坂46からも独立し単独のグループに!!

乃木坂46、欅坂46に比べて王道的なアイドル路線を進んでる日向坂46!
紅白が内定しましたが、どこまで認知度を上げていけるかが今後の課題のグループでしょう。




まとめ

紅白出場も果たした日向坂46!

センター候補が多く、運営も迷うでしょうね~組み合わせに。
人気急上昇中の河田陽菜をセンタにしてみてほしいですね。

ネット上でもはやくも予想合戦がはじまっています。
楽しみで仕方ないですねファンの方は。

日向坂46はまだこれからのグループ!
試行錯誤していいグループにしていってほしいですね。

最後までお読みいただきありとうございました。

関連
おすすめの記事