スポンサーリンク

箱根駅伝 シューズ ナイキ以外はどれくらいいたの?なんでNIKEなの?

青山学院大学の総合優勝で幕を閉じた箱根駅伝!!

今年は区間賞祭りでハイペースなレースになりましたね。
総合優勝した青山学院大学も大会レコードで優勝と完全勝利。

今回の箱根駅伝で話題になったのがピンクのNIKEのシューズ!
ほとんどの選手が履いていたといっても過言ではないシューズ。

箱根駅伝でシューズがナイキ以外の選手はどれくらいいたのか。
また何故こんなにもNIKEのシューズを履いていたのか。

気になったので調べてみました。




箱根駅伝 ピンクのシューズが多いのは何故?

驚くべき記録が続出した今回の箱根駅伝!

総合優勝は青山学院大学でしたが、2区を走った東洋大学の相澤選手や3区の東京国際大学のヴィンセント選手などかなり記録を更新して話題になりましたね。

ヴィンセント選手はなんと1時間切る超ハイスピードで区間賞を更新!!
これしばらく破られることはないんではないでしょうかね。

 

そんな中、箱根駅伝で話題になったのがピンクのNIKEのシューズ!!

箱根駅伝だけでなく、元旦に行われたのニューイヤー駅伝でもこのピンクのシューズが多かった。

 

何故にこんなにピンクのシューズが多かったのでしょう??

 

実はこのNIKEのピンクのシューズは記録を伸ばす革命的シューズと言われておりマラソン界で大注目されています。

そのきっかけを作ったのが2018年の東京マラソンで設楽悠太選手(Honda)が日本記録を更新したこと。
このとき設楽選手がはいていたのが、NIKEのピンクのシューズだったのです。

このピンクのNIKEのシューズ、昨年の箱根駅伝でも大活躍!!
2019年の箱根駅伝でも、区間賞の70%が“ナイキのピンクの厚底シューズ”なんです。

 

実はこのピンクのNIKEのシューズは元々トップ選手が希望したもの!!

 

クッション性を重視した脚への負担が少ないシューズが欲しい!!!!

この要望からNIKEが軽さとクッション性を追求して開発。
なんと、航空宇宙産業で使う特殊素材に由来するフォーム採用しているのです。

実際に開発してトップランナーに履いてもらい、フィードバックを貰いさらに改良をしたのが今のモデル!
シカゴマラソンで日本記録を塗り替えた大迫選手も愛用のシューズですね。

 

トップランナーが皆愛用していて、また設楽選手と大迫選手が日本記録を叩き出したシューズ。
これが、最初にピンクのNIKEのシューズが広がった理由なんです。

 

脚に自信のあるランナーなら「アレ」を履けば、「オレも」速くなれると思うのでしょうね。
それだけでなく、実際にNIKEのピンクのシューズを履いて実際に記録が伸びてるので爆発的な人気がでたのでしょう。

タイムが伸びるだけでなく、実際に脚への負担が少なくなっているという声が多い。
NIKEがトップランナーの声を聞き、着実に改良した結果生まれたのがピンクのNIKEのシューズ。

東京オリンピックはこのシューズ一色になるかもしれませんね。




箱根駅伝 シューズ ナイキ以外はどれくらいたの??

ピンクのNIKEの厚底シューズが席巻した箱根駅伝!!

ほとんどの選手がこのNIKEのピンクのシューズでしたね。

実際に、箱根駅伝でピンクのNIKEのシューズ以外はどれくらいいたのでしょう??

 

なんと、今大会の箱根駅伝の参加者は210選手!!
そののうちなんと177人がナイキを履いていたのです。

全体の8割以上がNIKEのシューズって恐ろしいですね。
サッカーですら、こんなことないのに。

箱根駅伝 シューズ ナイキ以外を調べてみたところ次のデーターがでてきました。

1区でナイキ以外のシューズを着用していたのは、帝京大(ニューバランス)と日大(ミズノ)。
2区は早大(アシックス)のみ。
3区は帝京大(ミズノ)、法政大(アディダス)、拓殖大(ニューバランス)、神奈川大(アディダス)、早大(ニューバランス)

早稲田大学はNKE以外、帝京大はニューバランスが多かった印象ですね確かに。

昔はミズノとアシックスが陸上界は圧倒的に強かったのに、時代がかなり変わりましたね。

ただ、NIKEの厚底の実力は目を見張るものがあります。

なんと10区を除く区間賞と新記録はすべて“ナイキの厚底を履いていたのです。
もちろん選手達の努力の賜物ですが、これはちょっと異常ですね。

ニューバランスは珍しいですが、アディダスやミズノは昔から箱根駅伝で履かれていたシューズ。
日本人の脚にあうように作られてるのがアシックスとミズノなのに。

全体の80%以上がNIKEの厚底シューズを履いていたという事実。
そして、新記録の数々を見ていると、他のメーカーも考えなおさないといけないでしょうね考え方を。




NIKE ピンクのシューズはもう古い??

箱根駅伝や陸上競技界を席巻しているNIKEのピンクのシューズ!!
マラソン選手はピンクのシューズを履いてるイメージが強いですよね。

ただ、実はすでにこのピンクのシューズは古いといわれています。

今年の箱根駅伝見ててもNIKEのシューズを履いてる選手はたくさんいましたが全員がピンクじゃなかった。
ライトグリーンもいたんですよね。

https://twitter.com/fcbliebe1900/status/1212535953337643008

実はすでに新しいモデルと色が発売されています。
それが、ナイキ ズームフライ3 PRM EKIDEN PACK!!

薄いブルーとオレンジのコンビネーションで左右のカラーが微妙に違ってカッコイイですねこれ。

これが現在の最新モデルとカラーになっています。
これはいてる子いましたもんね箱根駅伝で。

一足30,000円くらいだそうですが・・・
サッカーのスパイクより高いとはランニングシューズが。

これで好タイムが望めて脚の負担を軽くしてくれるなら安いかもしれませんね。

NIKEのピンクのシューズは過去のものになるかもしれません。
今後マラソンはこのシューズが席巻するかもですね。




まとめ

箱根駅伝のシューズについてまとめてみました。

箱根駅伝でナイキのシューズ以外の選手は全体の13%しかいないという驚きの結果に。
ほぼNIKEだったのがびっくりですね。

設楽選手や大迫選手などトップランナーも履いてるNIKEの厚底シューズ。

これからどんどん増えていきそうですね。
最後までお読み頂きありがとうございました。

関連
おすすめの記事